スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

若いのぉ。。。 (浦和vs鹿島)

 21,2011 23:07
 

 
J1リーグ第12節
浦和 2-2 鹿島
埼玉スタジアム2002にて観戦。
観客37,521人
 
悔しい結果です。
25日のACL、ラウンド16 vsソウル戦をひかえ、この試合は調子を落としている小笠原選手がベンチ外。
先発には増田選手が入った。
 
去年からのレギュラーメンバーの小笠原選手、新井場選手、本山選手、中田選手ら、
いわゆる黄金世代が先発にいない。 GKの曽ケ端選手だけ。
調子いいときはいいけど、落としたら誰が立て直すのか心配でしたが
まぁ。。。。みごとに的中してしまいました。
 
浦和のアウェーって、毎年チケット取るのも席獲るのも大変。
今回も発売開始とともに獲ったんですが、意外にあっさり獲れちゃったから余分に買っちゃった。
そういう人、いっぱいいたみたいで、チケット余りまくってたみたい。
 
並び列も今回は少なく感じました。 人が少なかったです。
でも、スタジアム入るとアウェーゾーンせまっ!
 

 
今日は太陽が元気に輝いていて暑いこと。
炎天下にいたらコゲちゃいます。
(こむさは列整理から入場までの30分でコゲました)
 
だから、コンコースはこんなん↑↑↑
空いてるスペース探すの大変www
 

 
日が傾いてきた頃、席に戻るとインファイトが横断幕を掲げてました。

今度は何? と恐る恐る覗いてみると
「前例の無いホーム&アウェーの変更
 ホームを愛するクラブの英断に感謝」 という言葉でした。
 
浦和サポさんからは拍手。
UBは 「それはクラブに言ってくれ」
 
なんで横断幕にそんな言葉書いてんだよ。
素直じゃないなぁ、UBさん達。 照れちゃって
 

 
さてさて、試合ですが、鹿島は前半積極的に攻撃に出る。
しかし、川崎戦のような抜けた感じはないが、どこかゆるい。
浦和は、あれ??? ってくらいゆるゆるで、穴もいっぱい。ミスもいっぱい。
 
前半13分
右サイド 西選手のクロスに遠藤選手がシュート。GK弾いたところ、西選手が拾ってゴール。
 
なんか、あっけなく先制しちゃった。
その後も鹿島はチャンスを作る。
興梠選手のオーバーヘッドシュートはゴールの上へ。
青木選手のミドルは大きく右へカーブ。。。
結局前半はこの1点のみ。
 
後半、浦和は選手を早めに交代。
それでも鹿島の優勢は変わらず。
 
後半17分
アレックス選手から逆サイドの野沢選手へパス。
右サイドから中央へグラウンダーの速いクロス。
ゴール前で待ち構えるフリーの増田選手の元へ。
触るだけ。 ゴール決まって、今日はスッキリ勝てるかな♪とちょっと思ってしまった。
 
すると選手達もそんなこと考えちゃった? と思う程なんだかフワフワ状態。
5分後に失点すると鹿島の選手たちの足が急に重くなった。
 
浦和の選手は勢いに乗ってイケイケ。
そして魔の2分。。。
なんか、角度のないとこから決められたんですよ。
遠くてよく見えなかったけど、 あ。。。。ゴールに入ってるじゃん、て感じで。
 
失点してから、下を向いてる選手達を引っぱっていく選手が、やっぱりいないとダメ。
試合終了まで何度かチャンスは作ったけど、ピリッとしない。
ワンパターンっていうか。。。
野沢選手の3度のFK、1本くらい決めて欲しかった。
 
選手交代
遠藤選手→本田選手
大迫選手→カルロン選手
本田選手(怪我)→新井場選手
 
本田選手、負傷で32分間のプレー
噛みあってなくてちょっと不安でしたね。
 
ロスタイムにFKのチャンス。
野沢選手じゃなくアレックス選手がキッカー。
しかし、ぽよ~~~んと望みの薄いキック
 
鹿サポ「えぇぇぇ~~~~」 試合終了。
コケましたよ。
 

 
試合終了後に挨拶来たとき浦和サポからでっかいブーイング。
なにかと思ったら、浦和の選手レッドで退場になってたんですね。
応援に夢中になっていて気付かなかったです。
 
ちなみに今日の主審は あ・の・西村氏でしたーーー。
いろいろ、言いたいことはありますが、審判のせいにしたくないのでスルーします。
 
先制して追加点決めてリードして浮き足立って失点、慌ててミスして不運に失点。
 
もったいない。
このメンバーで負けなかっただけ、良しとするか?
今日見えた課題を次の試合には修正して臨んで欲しい。
 
でも、こんなんでACL ラウンド16 ソウル戦、大丈夫なんだろうか?
あぁ、怪我が怖い。
 
 
 
 
 
 
スポンサーサイト

Comment - 0

Latest Posts - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。