スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

諦めない。(天皇杯 鹿島vsFC東京)

 29,2010 22:27

天皇杯準決勝
鹿島 1―1 FC東京
延長 1―0
国立競技場にて観戦。
観客 25,120人

25日のクリスマスに行われた天皇杯の準々決勝は応援に行けませんでした。
理由は今日の試合を優先したから。
選択は間違ってなかったです。

仕事をどうしても休めなくて、クリスマスか年末かで選択をしなくちゃいけなくて悩みました。

大岩選手の引退セレモニー見たかったですが、頑張って元日の決勝で大岩選手と一緒に喜びを分かち合おう!と決めましたwww

その大岩選手は岩政選手の怪我による欠場で先発。
あ、アントラーズモバイルのメルマガ皆さん読んでますよね。
今日のスタメンメール、びっくりしましたね。
DF6人いてジウトン選手の名前もあって、へっ?
スタメン13人て、ルールはwww

コピペしたな(-"-;)

今日の準決勝の対戦相手、FC東京といえば来年はJ2。
そう、そんな相手に負けるわけにはいかないんです。

しかも、もうひとつの準決勝、清水vsG大阪は清水が勝ち上がり、ACLを考えると尚更。

しかし、今年の鹿島は格下相手にやられる。
立ち上がりは良く、鋭いシュート2本、相手GKに惜しくも阻まれたが『行けそう!』な感じだったが
徐々に押し込まれ前半39分平山相太にオーバーヘッドで決められた。

するとFC東京の勢いが増し鹿島はボール奪っても回すだけでフィニッシュまでいけない。
たまに訪れるチャンスは宇宙開発。。。

大岩選手、平山に二度も股抜きされちゃいましたね。

後半頭から選手交代。
大岩選手→青木選手

中盤でぐるぐる回すのは変わらない。
リズムも悪い。
やばいぞ、こりゃ。。。。
 


後半16分 選手交代。
フェリペ選手→本山選手

すると流れは徐々に鹿島へ。
久しぶりにモトさんのキレのあるドリブル見てワクワクしました。

後半22分
左サイドで野沢選手のキープから回り込む宮崎選手にヒールで流しクロスに中央の大迫選手のヘディングが決まり同点!

東京戦にはめっぽう強い大迫選手のゴールで応援もヒートアップ。
 
しかし、今年の鹿島らしく、追加点を奪えず延長戦へ。
延長始まって5分
野沢選手が倒され東京の米本に今日2枚目の警告が出され退場に。

数的優位になり攻め立てるもゴール前でごっちゃりいるDF陣に跳ね返される。
時間はあっという間にロスタイム。
東京の攻撃をしのぎ、ボールを運んでくる。

(この辺から記憶曖昧www)
興梠選手がゴール前でフリーになったところにパスが出てきた?
なんかもうあんまり覚えてないwww
興梠選手のゴールが決まり大岩選手が飛び付いて喜んでました。


とにかく、延長も、もう終わるから最後速く攻めろ!と叫んでた時だったので悲鳴のような歓喜!
泣いてるサポもいましたよ。

ゴールの後すぐに試合終了のホイッスルが吹かれタイムアップ。
選手たちの最後まで諦めない気持ちを強く感じました。

延長戦って久しぶりだったので凄く疲れました。
足がパンパン、喉ガラガラです。
東京の選手は2試合連続で120分戦ったんですね。
失点した後パタパタと倒れてました。

さて、鹿島は元日の決勝へ進出。
清水と対戦です。
120分戦って元日まで中2日しかない。
体力回復が心配だけど、こういうモチベーション高くいく試合って、強いんだよね。



2011年は元日から忙しいな~♪
大晦日早く寝なくちゃ。
スポンサーサイト

Comment - 0

Latest Posts - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。