撃沈 (新潟vs鹿島)

 31,2010 23:43


 

新潟 2―1 鹿島
東北電力スタジアムにて観戦。

鬼門にて撃沈です。

先発に前節活躍した本山選手を起用。
マルキーニョス選手ワントップで興梠選手、本山選手をツーシャドー、らしいです。
野沢選手はベンチスタート。

前半、主導権を奪えず悪いときの鹿島。。。
ルーズボール拾えず、新潟からボール奪えず、奪ったところで繋がらず。。。

ジウトン選手が上がっていて新井場選手が上がれず、準備できてないとこにパス出てきてセンタリングがあさっての方へ。。。とか(泣)

新潟は奪ったらシンプルにパス3回くらいでシュートまでもってくる。

なんとか前半もちこたえて後半へ。

後半頭から選手交代
本山選手→野沢選手
最初っからこれで行けばよかったのに。。。と愚痴。

で、一番気を付けなくちゃいけない時間帯。

後半3分 マルシオの一発。
う~ん、ま、想定内。

後半15分
左サイドで野沢選手のカットから逆サイド新井場選手へ。
そのままドリブルで中へ切れ込みシュート!

新井場選手の力の入ったガッツポーズに感動。
選手もサポもヒートアップ。

ノリノリの鹿島はコーナーを奪うと野沢選手のCKからジウトン選手ドンピシャ!

えっっっ!?

なんとゴール前で興梠選手が反応。
肩?に当たってクリアしちゃった(泣)

選手交代
フェリペ選手→遠藤選手
興梠選手→大迫選手

追加点を奪えずロスタイムに突入。
今年の鹿島はこの時間帯を守りきれない。

奇跡を起こせ!の大コールの中、後半46分 反対側のゴールネットが揺れ、撃沈。



名古屋に勝点11差。
みんな口では諦めてないと言ってるけど。。。

難しいけどモチベーション上げていきましょ。
次節、ホームで負けは許されない。

非公開練習、長いミーティング、またやりますか。


しかし、アウェーのスタジアムは食べ物少ないな。
スポンサーサイト

Comment 0

Latest Posts 0