スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年最初のタイトル(FUJI XEROX 鹿島vsG大阪)

 27,2010 20:33
FUJI XEROX SUPER CUP 2010
鹿島 1-1 G大阪
PK 5-3
観客 34,634名

国立競技場にて観戦。




前年のJ1リーグ優勝クラブと天皇杯優勝クラブが毎年リーグ開幕1週間前に激突するゼロックス杯。
今年も去年と同カードの鹿島vsG大阪。

「ガンバは対戦相手として一番好きなチーム。
 守りを固めてくるチームが多いなか、自分たちのスタイルを貫いてくれるのでやっていて楽しい。
 一人抑えれば勝てるという相手ではないのでチーム全体で機能しないといけない。」
とは小笠原選手。

お互いにそう思ってるかもしれない。
大量失点を恐れてガチガチに守るチームとのゲームは見ていてもイライラするだけで面白くないですし。

先発はACL初戦とほぼ同じ。青木選手のところに小笠原選手。

立ち上がりいきなりルーカスにボールをかっさらわれシュートを打たれるお粗末さもあったが
曽ケ端選手の神的セーブでピンチを凌ぐ。
が、しかし、絶賛しているそばから3連続キックミスorz
なんだかピリッとしない。

前半20分
PK獲得。マルキーニョス選手が決めて先制。

この時、ちょっとボーッと見てまして、なんでPKになったのか、よく分かりませんwww
ゴール前で岩政選手が倒されたらしいです。

前半ロスタイム、このまま終わるとみて、こむさは我慢できずにお手洗いへ。
サッカーって本当に笛が鳴るまで何が起こるか分からないですね。。。

ハーフタイム席に戻ってなにげなくスコアボード見たら 1-1 になってました(汗)
ロスタイムに加地のシュートがなんと満男さんの顔に当たってゴールへ。。。

後半、疲れの見えるフェリペ選手に代わり遠藤選手を投入。
中田選手→青木選手

この遠藤選手、成長著しく今季、監督から期待されていることがよく分かります。
戦車のようにゴリゴリとドリブルで突破したり、決定的なパスも何度か見られました。
後半40分台であの仕事されると敵は嫌でしょうね。
野沢選手やマルキーニョス選手が決めてくれてれば。。。。ね。

結局1-1のまま試合終了。PK戦へ。
うーん、ゼロックスのPK戦て、鹿サポならみんな思い出すあの悪夢。。。




一人目のキッカー、小笠原選手はきっちり決めた。
ガンバの一人目は遠藤選手。
ホームゴール裏の鹿サポ達の力が影響したんでしょうか、
大ブーイングを受け遠藤の蹴ったボールはゴールの枠を外れた。
得意のコロコロだったら入ってたかもしれないのに、強く蹴ったところに
心理的に影響したかな、と感じました。

続く野沢選手、新井場選手、岩政選手、マルキーニョス選手、5人がきっちり決め勝利。




今年一つ目のタイトル獲得。
リーグ開幕前の調整のような、お祭りのような微妙な大会だけど、タイトルはタイトルww
選手、スタッフ、サポーター、みんなで取ったゼロックス(と感じてるのは私だけでしょうか?)

今年もファミリーで頑張りましょう!!
あぁ、来週の開幕戦が楽しみだ!


ところで、この時季って花粉が舞い始めますよね。
今年もやってきましたよ。
試合中、ムズムズ。。。。ヘックシュ! イーーグシュ!! 応援できない(泣)

みなさんもお気をつけくださいww
スポンサーサイト

Comment - 0

Latest Posts - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。