ヤナギにボールを持たせるな! (京都vs鹿島)

 21,2009 18:24






京都 0―1 鹿島
西京極陸上競技場にて観戦。
観客 14,043人

西京極に着いて早速 柳沢敦がお出迎え。
あ~、奥様のご懐妊おめでとうございます。

スタジアムに入って不思議な現象が。
アウェー側から埋まっていくっていう。。。
浦和だったら、いつもの事なんだろうけど(笑)

今節、マルキーニョス選手と岩政選手が警告累積で出場停止。
マルキ頼みの攻撃だったからちょっと心配。
また、DFも37才の大岩選手。
ディエゴとか止められるのか。。。

久々に見た柳沢に鹿サポはこれでもか!のブーイング。
ヤナギ、気持ちよかったでしょ?

J1残留を確実なものにしたい京都はアグレッシブに攻撃を仕掛けてくる。
しかし、ボールを奪ってからの展開力が乏しく鹿島がすぐさまカット。

特に柳沢がボールを持つと中田選手や興梠選手が果敢に奪いに行く。
ゆりかごパフォーマンスなんてされたらたまんないから。

前半15分
京都DFが自陣サイドでモタモタキープ。
興梠選手が詰めたら何故かゴール前に田代選手が一人待ち構えているところへバックパス。
(サンガサポの悲鳴が!!)

しかし。。。鹿サポため息(泣)
プレゼントしてくれたんだから1対1は決めようよ。

すると前半26分に京都にゴール前でパスを繋がれ林が抜けたがシュートはホームラーン!!

前半35分
2007年の浦和戦を思い出させるような野沢選手のミドルシュートが決まって先制!
めざましテレビでまた特集組んでくれるかな?
ミスタークライマックスいよいよキターーーーッ!

後半はこむさお気に入りのイバタイムです。
が。。。やっぱりまだ痛いのでしょうか、今日はあまり攻め上がることはなかったです。
無理しない感じでした。

京都はディエゴをなんとかおとなしくさせて下さい。
後半17分、小笠原選手が顔を蹴られ、こむさ真っ青。
なんとぉぉっっ!!
もっと恐い顔になっちゃうじゃないか。。。

後半22分
またまた田代選手が1対1を決められず。
オリベイラ監督おかんむりでした。

選手交代
本山選手→ダニーロ選手
田代選手→佐々木選手
興梠選手→青木選手

佐々木暴れろーーー!

ダニーロ選手の体の重さがちょっと気になったけどロスタイム4分をキープで切り抜け手堅く勝点3をゲット。
首位川崎にプレッシャーをかけ明日の結果を待つ。

今日から世間は3連休なんですね。
朝の東京駅の混雑、すごかったです。
危うく新幹線に乗り遅れるとこでした(汗)
京都も観光の団体客でごった返してました。

来年は空いてる時期がいいなぁ。

スポンサーサイト

Comment 0

Latest Posts 0