開始0分の衝撃 (神戸vs鹿島)

 19,2009 23:34





神戸 1―0 鹿島
ホームズスタジアム神戸にて観戦。

午前中に神戸に着いて観光したあとホテルにチェックイン。
2時間昼寝(居眠りしちゃいました)したあとボーッとした頭のままスタジアムへ。
まったりした感じのまま試合に入ってしまった。
自分がプレーする訳じゃないけど、気持ちの問題かなぁ。

夏休みとはいえ今日は平日。
街から違いと沢山入るんですね。
観客17,432人と、バックスタンドは満席で驚きました。

前節、警告累積で出場停止の伊野波選手に代わり大岩選手が
負傷のマルキーニョス選手に代わり久々に大迫選手が先発に入った。

また、本山選手はももの張りがまだ治らずベンチ外。

不安な中、キックオフ。
すると試合開始32秒
なんと神戸に加入したあの男に決められた。

大久保嘉人。。。

苦手です。

しかし、まだ90分ある。
まだ諦める時間じゃないし、気にせず戦える、と思っていたんだが。

パスが繋がらなず、疲労が大きくなる。
FKも決まらない。
シュートは枠へ跳ばない。。。
出るのはため息ばかり。

後半選手交代
興梠選手→田代選手
大岩選手→中田選手
大迫選手→佐々木選手

猛攻を仕掛けるが、気付けば後半ロスタイム。
最後の攻撃! ってところで試合終了のホイッスル。
モヤモヤが残った試合だった。

前線からDFするマルキーニョス選手の不在は大きかったです。

幸い川崎や新潟も敗戦した為、勝点は縮まらなかった。
怪我人が続出するなか、ベンチを温めていた田代選手や大迫選手他、若手選手には奮起して欲しい。

ピンチはチャンス!

スポンサーサイト

Comment 0

Latest Posts 0