スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結束 (川崎vs鹿島)

 05,2009 23:27




川崎 1―1 鹿島
等々力陸上競技場にて観戦。

観客22,185人

アウェイ3連戦の締めは難敵川崎戦。
しかもここ等々力はいいイメージがない。
退場者が出たり、3分で2点取られたり。。。

1勝5敗1分らしいです。
鬼門ですね。

今日は白熱する試合になることは覚悟していました。

選手入場で鹿サポ一同『おっっ!?』
なんと選手達はサードユニのゴールドで登場。

みんな『え~。。。』
嫌な予感。。。

この試合の重要さをみんな理解していた。
今日の応援は始めから声がよく出ていた。

先発は固定されたようで、変わらず。

前半35分、川崎に崩されゴール前で混戦、シュートを内田選手が体でクリア!
と思われたが、今日の主審西村氏はハンドの判定、レッドカード。
予感的中。。。
小笠原選手や本山選手が抗議するが、覆る訳もなく。。。

内田選手は水の入ったボトルを看板に投げつけ悔しさを露にした。
(この行為が厳罰の対象にならないか心配)

本山選手が右SBに入り鹿島は10人で守りきり前半を終えた。
ハーフタイムは両チームからのブーイング

後半、鹿島は1点を取るため攻撃力を落とすわけにはいかない。
選手交代なしで挑む。

一人多い川崎がボールを回し、鹿島が必死に奪い攻めに出るが、すぐカットされる。
しかし後半10分をすぎると徐々に流れは鹿島に傾いていく。

この流れのときに何とか決めたい
選手もサポも感じていた。

応援は更にヒートアップした後半19分
川崎のゆるいパスをマルキーニョス選手がカット。
左サイドを駆け上がる興梠選手にすぐさまパス
ドリブルでGK川島を交わして左サイド角度のないところからシュート!

ゴール裏の応援は最高潮に達した。

その後も一人少ない鹿島が攻め続け追加点を狙う。

選手交代
パク選手→新井場選手
本山選手→増田選手
マルキーニョス選手→中田選手

後半40分からは守備を固め隙あらばカウンター。

ロスタイム3分もしっかり守りきりドローに持ち込んだ。

この試合のドローは鹿島にとっては勝点3に等しい大きな勝点1。
後半は今年の鹿島の強さを感じる戦いぶりだった。

等々力で失点、一人少なくても落ち着いて攻撃と守備のバランスを崩すことなくゴールを奪う。
選手達の集中力と鹿島ファミリーの結束力、成長を感じた。


篤人くん、悔しい気持ちは痛いほど分かりますが、そこをこらえる強さを身につけて欲しい。
まだまだ成長途中、頑張れ篤人!

スポンサーサイト

Comment - 0

Latest Posts - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。