スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

切ないクラシコ (鹿島vs磐田)

 20,2009 19:39





鹿島 1―0 磐田
カシマスタジアムにて観戦。

さすがクラシコ、チケット前売り2万枚超え。
観客21,841人。

5月24日のガンバ戦から約1ヶ月の中断期間を経ていよいよリーグ再開。
この日を待ち望んでいたサポーターが集結。

日本代表の試合から中2日の内田選手、興梠選手はなんと先発。
内田選手の疲れが心配。

対する磐田は注目だったイ・グノがパリ・サンジェルマンへ移籍。
元々海外移籍の話が盛り込まれている契約だったらしく、当初の予定通り、だそう。
とはいっても彼の活躍は素晴らしく、下位低迷していた磐田を9位に押し上げた。

鹿サポとしては、いなくてよかった という気持ち半分、ちょっと見てみたかった気持ちも半分。。。かな?

鹿島はキックオフからボールに対する意識が非常に高く
前半10分まで磐田にボール触らせない。

前半13分に曽ヶ端選手のミスキックからピンチを招いたが、ほぼ鹿島が支配。

前半38分
マルキーニョス選手から左の野沢選手がパスを受けサイドを深くえぐって中央へクロス。
興梠選手が押し込みゴール♪

前半1―0で折り返す。

後半、磐田は反撃に出るが、鹿島のプレスにボールをキープできない。

かつては覇権を争った磐田。
あの頃のような細かいパス回しに翻弄された攻撃はない。

なんか、せつなくなってきた。。。

選手交代
本山選手→ダニーロ選手
興梠選手→大迫選手

後半30分過ぎから徐々に疲れも見え始め磐田に押し込まれる時間が増える。
そこに曽ヶ端選手のキックミスはちょっといただけない。
今日は3回もあり、野沢選手もお怒り。

後半40分 選手交代
野沢選手→中田選手で間延びした中盤を引き締め、守りきり試合終了。

前半、イ・グノのいない磐田には楽々勝てると感じたが
後半、体力が落ち、ガツガツくる磐田の攻撃にヒヤヒヤ。
イ・グノがいなくてよかった。

やっぱ磐田は磐田。
選手が誰であろうと侮れない相手だ。
(by名波パクリ)


今日初めて完熟王いただきましたo(`▽´)o

スポンサーサイト

Comment - 0

Latest Posts - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。