スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まつり♪ 鹿島vsG大阪

 29,2012 02:16

 
2012 J1リーグ第8節
鹿島 5-0 G大阪
カシマスタジアムにて観戦
観客 17,583名
 
ようやく春らしい気候になりました。
夏日手前という予報に薄着でカシマに行ったら大失敗。
あぁ、カシマは真夏でも寒いんだった。。。
風邪がぶり返したカモです
 
さて、前節の後半からドゥトラ選手を投入してダイヤモンド型で機能した鹿島。
後半だけで3得点とちょっとした祭りだった。
今節もこの流れで行きたいと、同じメンバーで試合に臨む。
 
しかし、相手は調子を上げてきたガンバ。
ハマると破壊的な攻撃力があり、慎重に戦いたい。
 

 
前半の入りは積極的な攻め上がりで前節の流れそのまま。
柴崎選手、すばらしいですね。若いのに周りがよく見えてます。
ボールを奪った後の展開力やキープ時の技術、地味だけど光ってました。
ドゥトラ選手は高さ、キープ力、スピードがあり頼もしい。
序盤はいい形を作り何度かチャンスもあったが、前半25分を過ぎると徐々にガンバペースへ。
 

 
攻められても今日は守備の意識が高く感じました。
ピンチの連続。この時間をしっかり我慢で切り抜け
 
前半42分
大迫選手と西選手で右サイドを崩し、最後は遠藤選手が左足を振りぬきゴールに突き刺す。
 

 
3試合連続の遠藤選手のゴールで先制。
西選手の判断も早くなってきました。
 
後半に入ると更に鹿島の攻撃の時間が増える。
後半5分に遠藤選手が遠藤に倒され(ややこしや~
)FK獲得。
ゴールに向かったボールはGK藤ヶ谷がキャッチしたがゴールに入ったように見えた。
アピールも認められず。。。 ボール1個分全部ゴールライン割らなくちゃ認められないんですよね。
 

 
ならば、と更に攻撃に勢いの出る鹿島は
後半8分
ドゥトラ選手のキープから左サイドの新井場選手へ。
クロスを興梠選手、ワントラップ反転してタイミングの速いシュートで追加点。
 

 
2点目ですごい騒ぎ。
開幕から5試合勝ち星なしの経験がそうさせる。
得点後の喜び方が半端ない。
 
イケイケの鹿島は後半15分に興梠選手が新井場選手のビューティフルなヒールパスで抜け出し
中央フリーの大迫選手へおいしいラストパス。
しかしシュートはバーに嫌われ。。。
 
後半17分には新井場選手が左サイドを抜け、クロスに興梠選手のヘディング!
入った!!と思ったんだけど、ポストに跳ね返され
 
FW2人とも調子がいいのに大迫選手はまだノーゴール。
ぜひぜひ大迫選手に決めてもらいたい。
その気持はサポも選手も同じ。
ゴール裏からは大迫コール。
選手も大迫選手にボールを集める。
 
小笠原選手は足を痛めているのか、後半21分に交代→青木選手
 
 

 
後半26分
左サイド新井場選手がルーレットで抜けドゥトラ選手へ。
シュートをブロックされ、こぼれ球に大迫選手が反応。
やっとゴールネットを揺らし、選手もサポもコーチ陣も大喜び。
 
後半30分 こんな時間に出てくると、相手チームはきっと嫌であろうこの2人。
 

 
ベンチを温めるにはもったいない選手。
ドゥトラ選手→本山選手
興梠選手→ジュニーニョ選手
 
少しバランスを崩し、守備にまわる時間が増える。
本当にこの試合は今までになく??岩政選手を中心に守備意識が高くDF陣安定。
3点リードの安全圏で最後まで攻め続ける姿勢を崩さず
 

 
後半44分
ジュニーニョ選手、遠藤選手でサイドを崩し。。。っていうか、もはやガンバDFどこいった?
な中、最後は本山選手の地を這うようなお手本シュートで4点目。
ジョルジーニョ監督も大喜び
 
ロスタイム4分
完全にやる気が失せたガンバの選手。
もうロスタイム4分で4失点を取り返せるなんて1%も無い。
 
後半45分+3分
遠藤選手が前線の大迫選手目指してロングフィード。
DF1枚ついてたけどGK藤ヶ谷が出て処理。任せて外れた。。。。。。。。GKコケた
大迫選手、なんなくボールを戴きゴールへ。
 
なんか、すいません、気を使っていただいて、みたいな藤ヶ谷のミス。
ガンバサポの落胆ぶり、ちょっと可哀想でした。
そういえば、何年か前にソガもプレゼントしたことあったからお返しかwww
 

 
LIXIL賞は大迫選手。
でも個人的にはこの試合は新井場選手
左サイドで眩しいくらいの活躍でした。
ピクシーも拍手しちゃうでしょ、なくらいwww
 
サッカーって楽しい!と思わせてくれた試合でした。
 
が、対ガンバ戦って、いつもこんな大差のつく試合ばかり。
どっちかが大量得点。この対戦ってハマったもん勝ちなとこあります。
この試合、決してガンバが弱かったわけではありません。
攻撃的になればなるほど、バランス崩れて大量失点。
ウチも油断はできませんね。
 
次はアウェーで苦手の清水戦。
勝って兜の緒を締めよ です。
スポンサーサイト

Comment - 0

Latest Posts - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。