スイッチ入っちゃった! (大分vs鹿島)

 23,2008 22:02




大分 0―1 鹿島
九州石油ドームにて観戦。

ビックリしちゃった、満員で。
大分だって優勝争いすれば31,747人も集まるんだね。

試合開始直前に何やらずっと話しをしていた青木選手とマルキーニョス選手。
オリベイラ監督は重要な試合の前は必ず一日非公開練習をしていたが、この試合のための非公開は二日間。
その甲斐あってキックオフからすんごい動き。
ここ最近の試合では感じられなかった『気持』がすごく伝わってきた。

全員のキレキレの動きとボールに対する執念のプレス

なんだか今日いけそうな気がする~♪

あると思います!

しかし大分もここで負けたら優勝戦線から後退してしまうし、しかもホームで負ける訳にはいかない。
前半はいい動きで圧倒する鹿島の攻撃を気持で防いだ大分。
スコアレスで折り返す。

気持が両者同じなら、やっぱり技術面で差が出てくる。
そこで上回る鹿島は終始圧倒。

後半11分
興梠選手のシュートのこぼれ玉を内田篤人選手が豪快にシュート!
今年の1月1日、天皇杯決勝以来のゴール。
ここ一番の試合で決めるところ、流石、スタ―だよ。。。

後半12分の興梠選手
GKと1対1をリキんじゃたのかなぁ。
右に外すなんて、まだまだ甘いよ。

交代
野沢選手→増田選手
本山選手→船山選手
興梠選手→田代選手

船山選手、J1復帰しました。お帰り。

後半40分から守備を堅め、前線の選手でボールキープ。
さぁ90分終了だ!
とソワソワし始めた頃、提示されたロスタイム5分。
ウェズレイにやられそうになるも曽ヶ端選手がしっかり押さえ完封。

10分間キープ作戦を続け試合終了。
大分なす術なし。


他の上位チームは名古屋・川崎以外はもたつき、優勝へ向け鹿島は一歩リードした。

スポンサーサイト

Comment 0

Latest Posts 0