背番号13の男 (鹿島 vs 京都)

 18,2008 22:51
鹿島 2-1 京都
カシマサッカースタジアムにて観戦




京都戦に観客20,580人の観客。
柳沢効果に他ならない。
メインスタンドのアウェー側まで鹿島のユニ着た人達がカメラ構えている光景。
あんまり見ないです。

鹿サポもガマン出来なかったのか?
1回だけ、柳沢コールしてました。
もちろんスタメン発表のときはシーーーーンとして
「13番、柳沢敦」
で、ブーーーーーーーーーーーーーッッ!

すぐさま コーロキ!コーローキ!オッオッオッと興梠コール。





新しく設置されたLED掲示板。
カッコイイです。最先端な感じ。
ここに審判の名前や他会場の試合経過等が流れます。




しかし、試合中に動くこの掲示板、目がそこにいっちゃって試合に集中できない(笑)
というのも、ナイキの広告が格好よすぎて。。。
この選手の顔が会場をくるくる一周。
つい満男さんを追っちゃいましたよwww

さて、今日はあの柳沢が鹿島で敵としてプレーする
こむさにはとっても辛い試合。

秋田さんと柳沢好きの友人達はなんと京都のサポシにいた。
これにはビックリ。。。

日本代表から帰ってきた興梠選手。
短い時間で、しかもあんな使われ方されてモノ足りなかったようで
今日は(も?)元気いっぱいでした。





前半19分
中後選手からの長いボールを興梠選手が京都DFと競り、ミスを誘ってゴール!
背番号13を誇らしげに指した。
柳沢と同じピッチに立ち、目の前でゴールを決めた興梠選手。
鹿島の13番は俺だ!!と言わんばかりのゴールとパフォーマンス、カッコイイよ!!

前半35分
岩政選手のクリアミスから柳沢に決定的チャンスを与えてしまうが、クロスなのかシュートなのか
ボールはゴール右へ外れた。

前半43分
京都の田原に決められ久々の失点。

ハーフタイム後、ピッチに出てきた柳沢は鹿島のサポシからバックスタンドへと視線をゆっくり動かしていた。
何を思っていたんだろう。





後半6分
中後選手のシュートのこぼれ玉をマルキーニョス選手が拾い京都DFをズタズタに切り裂きループシュート。
マルキ上手すぎ。

そのすぐ後にもマルキーニョス選手のドリブルに翻弄される京都DF陣。
心折れちゃったカモね。

今日は中後選手、新井場選手がイイ動きしてました。

後半20分
新井場選手のドリブル突破からシュート!
左サイドネットをかすめた。
入ったかと思って飛び上がっちゃったくらい惜しかった。

後半26分
本山選手から中央に走る新井場選手へスルーパス。
抜けた新井場選手、シュート!
キーパーに防がれた。
が、逆サイドにフリーの興梠選手がいたのに。。。
さっきのシュート外したのがよっぽど悔しかったのかな?

後半30分 本山選手→野沢選手
後半39分 興梠選手→増田選手
後半44分 ダニーロ選手→田代選手

去年、柳沢からレギュラーの座を奪った田代選手が今年は去年のヤナギと同じような使われ方をするなんて、あのときは想像できなかったな。

鹿島は勝点3を積み、首位堅守。
結局、京都は柳沢にいいボールを供給できないまま終った。





今日食したもの
店の名前忘れました。バックスタンド、一番アウェーよりの店の

いわしつみれ汁 500円

カシスタ最高! (^0^)b


帰り道、警察官のレシーバーからこんなやり取りが聞こえてきました。

A「ナンバーは確認してますか?」
B「ん~、ナンバーは確認していません。 柳沢ではないです。」

警備体制も柳沢仕様なんでしょうか?

柳沢はやっぱり鹿島にとって特別な選手なんだな、と感じました。
スポンサーサイト

Comment 0

Latest Posts 0