オレンジの壁 (ナビスコカップ 鹿島 VS 清水)

 02,2008 22:05




ナビスコカップ 決勝トーナメント(ホーム)
鹿島 0―0 清水

カシマスタジアムにて観戦。

東京駅の大丸で夏のバーゲンセールに参戦してから鹿嶋に向かう。
この時点でヘトヘト。

大分戦から中2日で名古屋へ移動し、水曜日に鹿嶋、更に土曜日は静岡と
このタイトなスケジュールにチームも大変だけどサポーターも大変疲れます。

まぁ、勝手に応援してるんだけど (^^ゞ

久しぶりにスカッと晴れて気持ちいい。
試合もスカッと決めて欲しいところ。

観客はお疲れなのでしょうか? 6,757人と寂しすぎ。

しかおとしかこはパルちゃんのぬいぐるみで遊んでました。
最近恒例の光景。

ナビスコカップは契約が違うのでしょうか?
DJがダニーさんではなく、迫力に欠ける。

前半
速いパス回しで繋ぎ主導権を握る。

前半12分
内田選手のDF抜きぃのループクロスは素晴らしかった。
田代選手が決めてればね。。。

前半10分を過ぎ気付いた。
主導権を握り攻め続けてはいるが、実は清水のガチガチに守る作戦にハマっていた。

前半34分
小笠原選手のシュートはGKがわずかに触りセーブされる。

前半35分
内田篤人選手のシュートもGKに弾かれる。

後半開始
野沢選手→ダニーロ選手

前半よりは攻めに出てくる清水。
しかし『守りきる』と長谷川監督の言う通りゴール前を9人で固め
鹿島はボールの出しどころがなく後ろで回してばかり。
オリベイラ監督も『前へ!!』のジェスチャーで叫ぶ。

後半13分
ドリブルで切れ込もうとする内田篤人選手が倒される。
得たFKも決められずにいると

後半22分
清水にシュートを打たれる。
頭を切り負傷した岩政選手がギリギリのところでヘディングセーブ。
闘志を見せる。

後半30分 本山選手→増田選手
後半38分 青木選手→興梠選手
鹿島はパワープレーにでる。

後半40分からは最終ラインから最前線へロングボールを入れ、跳ね返され
またロングボールを入れ。。。の繰り返し。

再三訪れるセットプレーも決めきれない。

結局ガチガチに守るアウェーの戦いを徹底した清水にスコアレスドロー。
ホームの利を生かせなかった。

カシマスタジアムでは昨年の6月30日 FC東京戦以来、負けていないらしい。
負けてはいないけど、勝ってもいないので、あまり記録を感じる事はないですね。

今年リーグ戦では日本平で負けているだけにナビスコでは是非とも勝って駒を進めて欲しい。

得点を奪い引き分け以上ならOK


しかし今日の内田篤人選手、目立ちすぎです。

スポンサーサイト

Comment 0

Latest Posts 0