スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不安と期待(日本VSカメルーン)

 12,2008 22:38





国際親善試合
U‐23日本 0―0 U‐23カメルーン

国立競技場にて観戦。


午前中に降っていた雨も上がったので
仕事を17:30に終え国立競技場へ。
予想通りガラガラ。
観客 15,560人

東京の真ん中でも平日開催は厳しいですね。
いや、人気がないのか?
五輪始まれば少し盛り上がるかな?


さて、カメルーンといえば、先日のヒデ主催
+1FOOTBALL MATCH に出場したエムボマ選手のイメージが強い。
身体能力が高いのでペナルティエリア外からでも
ドッカーン!と打たれそうで、怖いなぁと思っていたが
日本が終始ペースを握りシュートを打たせる場面は少なかった。

前半8分
久々に日本でプレーする森本選手にビッグチャンス!
右サイドからフリーの中央森本選手へクロスが入るも少し浮き玉だったせいか、シュートはゴール左に外れる。

QBKで焦ったか?

梅崎選手のシュートコースにかぶったりカウンターのチャンスにパスミス。。。
森本選手は空回りしているように見えた。

25分
梅崎選手のシュートはカメルーンGKの好セーブで阻まれる。

直後、森本選手危険なタックルでイエロー。

29分
カメルーンCKからヘディングでゴール!
かと思われたが西川選手も負けじと右手一本でファインセーブ!

後半に入っても森本選手は存在感なく17分に李選手と交代。

後半21分
梅崎に代え水野選手投入。
う~ん、そろそろ興梠選手が見たいんだけど。。。

上田選手、エスクデロ選手、伊野波選手、青山選手を投入。

後半40分を過ぎると怒涛の攻めを見せるが好調カメルーンGKが立ちはだかる。

後半ロスタイムにFKのチャンスも決められず。
結局興梠選手の出場もなく、日本のゴールもなく
スコアレスドローで試合終了。

攻めの形は出来ているがゴールを決められない。
日本の決定力不足は解消されることはあるのだろうか?

また後半終盤に集中を欠く時間があり
オランダやアメリカ相手にもつのか。。。。

まぁ、本番はモチベーションも上がってくるだろうし、集中してやってくれる事を期待します。


しかし、もう6月だというのに陽が落ちた国立は寒かった。
今もまだ指先がしびれてます(泣)

スポンサーサイト

Comment - 0

Latest Posts - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。