スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

危険な試合(ACL 鹿島VS北京国安)

 09,2008 22:36






アジアチャンピオンズリーグ グループF
鹿島 1―0 北京国安
カシマサッカースタジアムにて観戦。

平日19時 鹿島開催はやはりきつい。
東京発カシマサッカースタジアム行きのバスは少ないし直行便はないし。
6487人という寂しい観客数。
おまけに気温10℃と激寒。

近くの席からはおかしな話が聞こえてくるし。
『アレックス最近いないね』
いつの話してんだよ。。。

さて、この北京国安戦。
4日後には重要な浦和戦を控えている為
なるべくダメージを受けずに勝ってくれる事を願うばかり。

先発はいつものメンバーから野沢選手が外れダニーロ選手。
野沢選手はベンチにもいませんでした。
完全休養?

北京は全体的にでかい印象。
当たりが強く、前半15分くらいまで北京ペース。

次第にボールをキープできる様になってくるが北京の寄せが早くなかなか思い通りにはいかない。
しかも、北京は予想通りラフプレーが多く選手の怪我が気になってくる。

すると前半33分
北京の選手がイエロー2枚目を受け退場

やっと鹿島のペースでボールが回り始める。
しかしラフプレーは続く。
マルキーニョス選手にエルボー
田代選手にタックル等々。。。

後半7分
マルキーニョス選手からのスルーパスに抜け出したダニーロ選手
得意の左斜め45゜の角度からシュートでゴール!

絶好調のダニーロゴールに喜んだのもつかの間
後半10分
北京のロングボールに反応したチアゴをペナルティエリア内で
岩政選手が押し倒したとしてPKを与えてしまう。
本当に今年は善くも悪くもホームでPKを見る回数が多い。

しかし今日は曽ヶ端選手に鹿島の守護神が降りていた。
このPKを鋭く読み防ぐとこの後の北京の猛攻を神がかり的にスーパーセーブ連発。
それだけ鹿島DFが破られていたということにもなるので、この辺は修正したい。

後半32分
恐れていた事が起きた。
攻め上がっていた内田篤人選手に北京のラフプレー。
しばらく動けず、担架でピッチから出される。
新井場選手がベンチに
『篤人ダメ!』
おぉぅぅ。。。痛々しく足を引きずりながらベンチへ。

内田選手負傷退場で増田選手イン
35分 ダニーロ選手→興梠選手
39分 田代選手→佐々木選手

今日は田代選手、自分のプレーに納得していない様子でした。

最後まで小笠原選手、マルキーニョス選手を中心にボールキープ。
時折興梠選手、佐々木選手を使いゴールを狙う。
そして試合終了。

ハードな試合を制した。
しかしこの分だとアウェーでの北京国安戦はもっと難しい試合になりそう。

試合終了後に足を気にする小笠原選手と内田選手が心配。
今日のプレーを見ると、小笠原選手は100%ではないように感じた。


今日カシマスタジアムで食したもの。
エミールさんのカツカレー 700円
ボリューム満点!
美味しさ満点!
カツはサックサクです!

スポンサーサイト

Comment - 0

Latest Posts - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。