スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奇跡を起こせ! (鹿島 VS 清水)

 01,2007 20:11






鹿島 3―0 清水
カシマサッカースタジアムにて観戦。

3万人近い人が集まると聞いていたので早めに家を出た。
鹿島周辺はまだ空いていたのだが。。。
スタジアムに着くと行列。
入場の列ではなくチケット引き替えの列。
最悪。。。

何度も来ているのに引き替えは当日にしていた為、列に並ぶことに。
並ぶこと50分。
サポーターズシートの人は開場に間に合わず。

こりゃ謝罪分出るな。

今日はさすがにどこの売店も長蛇の列。
グッズ売場もセールで混雑。
コンコース歩くのも一苦労でした。


14:30
全てが決まる最終節の試合が始まった。

前半、いつもどおりとは言っても、やはり固くなっているようで
全体的に動き出しが悪く清水に攻め込まれる。
特に左サイドの石神選手のところを突いてくる。

その時間帯を耐えた頃
前半20分
マルキーニョス選手がペナルティエリア内で倒されPKを獲得。
小笠原選手が冷静に決めた。

先制すると徐々に固さが取れていった。
後半開始直後には小笠原選手のCKからのこぼれ玉を本山選手が目の覚めるような一撃。

圧巻は後半13分
田代選手がフリーのマルキーニョス選手へスルーパス。
トラップしてる間に清水DF3人に囲まれるが交わしてシュート!

3―0のスコアに今日の勝利を確信。

その後も青木選手のヘディングや野沢選手のシュートなど何度も決定機を作る。
興梠選手、柳沢選手、遠藤選手が入り、田代選手、マルキーニョス選手、野沢選手が交代。
後半40分を過ぎるとベンチ脇にスタッフが肩を組み勢ぞろいしていた。

ひょっとすると。。。?

優勝するには、鹿島は勝利が絶対条件。
かつ、浦和が横浜FCに引き分け以下。
アジアチャンピオンがJ1最下位のチームに負けるなんて。。。
(主力欠いて愛媛に負けたけど)

試合終了のホイッスルが鳴ると監督、スタッフらがピッチに両手を広げて走っていく。
オーロラビジョンに映し出されたのは横浜FCと浦和の試合。

ロスタイム4分
横浜FC 1―0 浦和
そして試合終了。

奇跡が起きた!

スポンサーサイト

Comment - 0

Latest Posts - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。