スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アジアカップ (日本 VS オーストラリア)

 21,2007 22:58

アジアカップ 決勝トーナメント
  日本 1-1 オーストラリア
  PK 4-3

終始日本のペースだった。
失点はコーナーから。
ファーに走りこんできた選手にやられた。

その2分後、すぐさま相手DFのミスから高原選手がペナルティエリア内でキープし
DFをかわしてシュート。 キッチリ決めた。
素晴らしいゴールだった。
日本人であんなプレーのできる選手がいるんだ!!と驚いた。

オーストラリアに退場者が出て数的優位で試合を進めたが相手GKのスーパーセーブもあり
延長でも決着がつかずにPK戦へ突入。

アジアカップのPK戦といえば思い出すのが前回大会の川口能活選手のスーパーセーブ。
同じ思いで応援した人も多いハズ。
期待を裏切らない能活選手。
一人目、二人目と連続でセーブ。

思わず 「かっこいい~~~~!!」

と叫んでしまいました。

日本は高原選手以外、中村俊輔選手、遠藤選手、駒野選手、中澤選手(気が付けばドイツ組)
4人が決めて準決勝進出を決めた。

恒例?というか、PK戦を見ないように決めているオシム監督。
今日もロッカールームへ行ってしまいましたが、その時の映像がテレビに映されてました。
ほっぺたを両手で押さえている姿がなんとも可愛らしかったです。
オシム監督が見ていると負けるジンクスがあるとか。
本当ですかね? あの様子では心臓に悪いよ~~ってな感じに見えてしまいました(笑)

予選リーグを1位で突破し移動がなかった分、時間と気候への慣れ等体力的に優位だった事が
試合を優勢に進められたよう。
オーストラリアの選手はバテバテでした。


ところで、Jリーグでも思っていたことですが、遠藤選手のPK、あの独特の間、嫌ですねぇ。
敵にしたくないです。
オーストラリアのGK、一歩も動けなかったですね。

スポンサーサイト

Comment - 0

Latest Posts - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。