スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファミリー (ナビスコ杯 名古屋vs鹿島 )

 09,2011 22:15

 
2011 Jリーグ ヤマザキナビスコカップ 準決勝
名古屋 1-1 鹿島
延長戦 0-1
名古屋市 瑞穂公園陸上競技場にて観戦。
観客 8,564人

準々決勝でマリノスを降して中3日。
日程は決まっていたので準備はしていましたが
3連休の予定を入れてる人も多かったようで、思ったより観客が少なかったです。

13時キックオフってねぇ、早すぎですよね。
4時起きっす。
F1開催のせいか、名古屋市内のホテルはどこも満室。
前乗りして楽しもうかと思ったけど日帰りするしか無かった(>_<)

そして暑いぃぃ。10月ってのに25℃以上ある。
東京の朝は寒かったからヒートテック着て行っちゃったら大失敗でした。

準々決勝では日本人FW陣3人が決めて勝った。
2点ビハインドからの逆転勝利っていうしびれる試合をしてくれた。
90分で勝ちきれないのはリーグ戦への課題を残したが、さて。。。

先発は興梠選手、大迫選手のツートップ。
遠藤選手、野沢選手、小笠原選手、柴崎選手の中盤に
新井場選手とアレックス選手のSB
岩政選手の欠場で青木選手と中田選手がCBを組む。
GKはもちろん曽ケ端選手。

前半10分
小笠原選手が敵陣でボールを奪い速いグラウンダーのクロスを入れる
受けた大迫選手がワントラップ、シュート!
早い時間に先制する。


 
名古屋は序盤、果敢に攻撃を仕掛けてきたが
鹿島が先制すると追加点を恐れてか、攻撃に人数をかけなくなる。
鹿島も再三チャンスを作るがゴールまであと1歩及ばない。
また楢崎の壁が厚くなかなか追加点を奪えない。

後半、名古屋は選手3人交代させる。
鹿島は後半35分に1人目の選手交代
大迫選手→田代選手

攻守に高さで強い田代選手を入れたとこだったんだけど。。。
名古屋のセットプレーの前に入った田代選手がポジションにつくのと同時?
スキを突かれFKから闘莉王のヘッドで失点。

そのシーン以外は安定した守備で2試合連続の延長戦へ。
90分で勝ちきりたかったが。。。


 
選手交代
遠藤選手→タルタ選手

やっと周りと合うようになってきたタルタ選手。
守備に攻撃に動き回り、名古屋DF陣を悩ませるが、イマイチ決定機を作れず。

延長後半 選手交代
興梠選手→本山選手

延長後半2分
本山選手から右サイドのスペースへノールックのパスがでると抜け出した柴崎選手が落ち着いてシュート!
追加点を奪い鹿島り始める。

途中出場2分で仕事をする本山選手、ステキすぎる (((o(*゜▽゜*)o)))

追い付きたい名古屋はなんとかボールを奪おうとするが、鹿島るタルタ選手を倒し警告累積で磯村退場。

 


ロスタイム1分もしっかり守り切り試合終了。
2006年以来、5年ぶりの決勝進出。

対戦相手はガンバ大阪を倒した宿敵、浦和です。
3度目の決勝カード、国立が真っ赤に染まります。
チーム、サポーター一丸となって優勝へ向け、戦いましょう。
ワクワク度半端ないwww
けど、チケット取れるか心配です。
スポンサーサイト

Comment - 0

Latest Posts - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。