スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名古屋の鬼門

 11,2007 22:00


ナビスコカップ予選

鹿島 2―1 名古屋

観客 4,182人
少なっっ!

平日の夜(しかも週の真ん中)
この雨のなか、今期ふがいない成績のアントラーズの試合を
鹿島まで応援に来るサポーター、本当に貴重だと思う。


名古屋はリーグ戦、絶好調。
主力を温存し、若手中心できた。
鹿島はリーグ戦、絶不調。
リーグと変わらずベストメンバー(一応)で望んだ。

今日の名古屋のスタメン見て
ナメられたもんだな、と思った。
始まってみると、心配していた通り今日も中盤がない。
逆に名古屋のいいところが目立つ。

鹿島のやりたいことが分からない。
見えてこない。
誰がツメるの?
誰がカバーするの?
誰が組み立てるの?
そういう指示なの?
そうなっちゃうの?
どうなってるの・・・

しかし、悪いながらも前半で2得点。
増田誓志選手の1ゴール、1アシスト。

後半は少しは良くなったかと思ったが、10分もしたら名古屋ペース。
曽ヶ端選手のミスキックから失点。
なんと巻佑樹選手にプロ初ゴールを決められた。

祈り続けた14分間。

試合終了のホイッスルが響く。
勝ち点3をゲットし、なんとか予選突破に望みを繋いだ。

試合内容は本当に名古屋の方がよかった。
それでも鹿島は勝った。

ホームで名古屋戦無敗という事実。

やっぱり鬼門てあるんですね。

スポンサーサイト

Comment - 0

Latest Posts - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。