セレッソ戦

 29,2006 22:40

セレッソというと苦手意識がある。
調子がいまひとつらしいが、やっぱりそんな相手からでもなかなかゴールが奪えない。
攻めは悪くない。ゴールまであと一歩、もう一歩、なのだ。
シュートは20本を数えた。
ボール支配率80%くらいじゃないか?
ポストだのバーだの、セレッソのキーパーの頑張りもあり、後半40分になっても決まらない。
21本目にやっと決まりロスタイムにも追加点で終ってみれば 2-0 あ~良かった!という感じだ。

最近の鹿島はスピードあり、パスのつながるサッカー、おもしろいサッカーになってきたと思う。
(対戦相手が下位チームだけど・・・)
このサッカーを続けていけばと思うと今期の終わりはすごく楽しみだ。
しかし、そこが一番不安定だから、喜べないのかなぁ。
失点も減っているが、次節、岩政出場停止か・・・

スポンサーサイト

Comment 0

Latest Posts 0