ブラジル戦

 23,2006 07:17


ボッコボコにされた。
一発蹴り入れたら4倍にして返された。
ちょっと太ったガキ大将をなめてたらとんでもなく強くてうまかった。
終いには敵は主力温存、GKまで代えてきた。
大きな力の差を感じた。
日本の技術の低さを思い知らされた。

試合終了後、ヒデはタオルで顔を覆い、しばらく立ち上がれなかった。
くやしいのか、情けないのか、分からない。
スタッフが声をかけても動かなかった。
今までキャプテンとして共に戦ってきた宮本が声をかけると、やっと起き上がり最後はサポーターに手を振って帰って行った。
日本のワールドカップ2006は終わった。

スポンサーサイト

Comment 0

Latest Posts 0