スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

したたかに。 ナビスコカップ決勝 鹿島vs清水 (試合編)

 03,2012 23:16
Cimg0443.jpg

2012 Jリーグヤマザキナビスコカップ 決勝
清水 1-2 鹿島
国立競技場にて観戦
観客 45,228名

また今年もナビスコカップ、決勝まできちゃいましたね。
対戦相手は先週、リーグで対戦した清水。
ナビスコの決勝を前にこの相手と試合ができて、結果、良かったです。

リーグではアウェーもホームも大前にやられていい結果を残せなかった鹿島。
ホームでは追いつきながらも1分後に失点と、不甲斐ない戦い。
同じ相手に連敗する訳にはいきません。

鹿島は非公開練習を行いこの決勝に臨みました。

Cimg0438.jpg

ピッチでの長いミーティング。
気持ちを一つにして闘います。

Cimg0440.jpg

浦和のコレオを羨ましがる人もいるけど、鹿島は鹿島のやりかたでいいと思います。
どこかの真似する必要なんでない。これぞ、鹿島です。

Cimg0451.jpg

国歌斉唱はゴスペラーズさん。

Cimg0447.jpg

GKが曽ケ端選手。
興梠選手がスタメンに復帰、大迫選手とのツートップ。
中盤は小笠原選手、遠藤選手、柴崎選手、本田選手。
岩政選手と青木選手のCBに右サイドは西選手。
左サイドになんと昌子選手。
ドゥトラ選手、新井場選手はベンチスタート。

驚きのスタメンでしたが、この時点で、もしかして、すごくしたたかな作戦なのかな?と感じていました。

Cimg0453.jpg

清水は先週のリーグ戦同様の戦いをしてきます。

Cimg0458.jpg

キックオフ。
清水は前半からがむしゃらに走りまわりボールを奪い攻撃してきます。
鹿島はなかなか繋げない。

Cimg0461.jpg

前線の大迫選手に渡っても孤立。
清水にとっては全く怖くなかったのでは。。。
DFラインでボールを奪っても押し上げがいまいち。
カウンターにもならない。
SBの昌子選手はほとんど上がらず、西選手も積極的とは言えない。
まったく迫力がない。

しかし、これが作戦だった。

前半、清水を0点に抑え、後半、興梠選手、本田選手に代えドゥトラ選手、増田選手を投入。
ドウトラ選手のキープ力でボールを前へ推進。
徐々にゴールに近づく。

Cimg0472.jpg

後半28分
柴崎選手が倒されPKを得る。
キッカーは。。。。 なんと柴崎選手。
ちょっと鹿サポがザワつきましたが、一番冷静で確実に狙える選手じゃないでしょうか。
20歳とは思えない冷静さ。

Cimg0474.jpg

きっちり決め先制。

ところが。。。
この試合の主審は家本氏。やってくれますね。

Cimg0477.jpg

4分後にセットプレーから青木選手のファウルを取られPK。
大迫選手も線審に「どうなの~」

結局、大前に決められ、あっという間に振りだしに戻される。

Cimg0482.jpg

後半38分、清水の攻撃を抑えていた昌子選手に代り、新井場選手が入る。
清水はこの時間帯、前半からの走りで疲れが見えてきていた。
そこへ攻撃的な新井場選手の投入は効果的でした。

速い動きだしでパスを呼び込み左サイドを駆け抜け、深くえぐって、中央へクロス。
ゴールにはならなかったが、2度の決定機をつくる。

Cimg0488.jpg

90分では決着がつかず、2年連続延長戦に突入。

鹿島の攻撃陣の体力は充分に残っていた。
優勝を経験しているベテラン、中堅が延長戦で揃っている。
清水は若手中心で、後半から既にチグハグ。疲れも見え、足の吊っている選手もいた。

120分の戦い、そこも見据えた計算?

Cimg0489.jpg

延長前半3分
柴崎選手がトラップでDFを交わし思い切り打ったシュートはゴールネットを突き刺した。
本当に、この柴崎選手の落ち着きには脱帽です。

ここから清水も反撃に出てきたが、経験のなさが響いていました。
鹿島は時間を使い、いやらしく、したたかに試合を進め、タイムアップ。

Cimg0497.jpg

Cimg0498.jpg

ナビスコカップ連覇、16個目のタイトルを手にした。

この作戦はジョルジーニョ監督が考えたのでしょうか。
スタメンを見たときは驚いたけど、計算された、したたかな戦いは。。。

リーグ戦の清水との連戦がなかったら、この試合の内容も変わっていたのでしょうね。
あの敗戦から学んだことが、優勝に繋がった。
スポンサーサイト

Comment - 0

Latest Posts - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。