スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東方神起 LIVE TOUR 2014 ~TREE~ ファイナル

 23,2014 08:10




東方神起 LIVE TOUR 2014~TREE~ 京セラドーム
4月22日、横浜アリーナから始まったこのツアーも2ヶ月が経ち、ついにファイナル。
2ヶ月間で11ヶ所、29公演。
1日おきにLIVEがあったことになります。
よく考えると、すごく大変ですよね。
体力的、精神的に。
彼らは、日本語が堪能とはいえ、母国ではない場所に2ヶ月滞在は辛かったと思います。

21日は韓国から2人のご家族もいらしたらしいですね。
2人とも、ファイナルを前に心が休まったのではないでしょうか。

このツアーで2人はとても自由さが増してきたと感じました。
外国語でのトークは限界があり、台本も用意されていたけど、今はほとんどアドリブ、とユノが言う。
またチャンミンは、初めて聞く人はビックリするんじゃないかと思うほど毒を吐くし。
思いきりできる環境だからこそ、なんだと。

そんな自由な2人のかけ合いが愛おしくてw

早く水を飲みたくてWhy?風に『リプターダウン』をやらずに、さっさとリプターを下げさせるユノ。
『はやくあのみじゅのみたい』萌えww

ドームverの挨拶が復活。
ユノのピンクレディーUFOにあわせた『ゆんほー
チャンミンの
『ちゃん…みん…しゃぁ~ん
↑これww 昭和のギャク…っていうか、ギャクじゃないかw
リンスインシャンプーのCMで薬師丸ひろ子さんの台詞ですよね。
(ちゃんとリンスできるシャンプーの略)
モノマネ芸人さんがパクッてギャクにしてたw
20代のペンは知らないんじゃ??

長崎ちゃんみんよりはウケてチャンミンもご満悦でしたね。

最終日ではなかったけど、ランボーごっこを京セラでやったらしく
今回のツアーで3回中、ユノ3連敗w
でも、シムさんも結局披露して腰打って痛がるっていう。

互いのおでこを『かこいい!』と言い合う2人(*^^*)
チャミ『おでこ、って、ただ広いか狭いかだけですよね』

タケノコというステージから高くせり上がる台が高すぎて
ユノ『慣れないです。高くて…こわいのぅ』
あ、ユノって本当に○○のぅ、っていうんだ(^ω^)

something前の小芝居で毎回ちょこちょこ小ネタを入れてきたチャンミン。
京セラではお札を涙風に頬に貼り付けたり
スパイダーマンのお面をつけて蜘蛛の糸ふうに銀テープ投げたりw

相変わらずユノはフリスビーをプレスリーって言うしw

good bye for now のパルパ
19日の酔っ払いver
ユノが酔っ払いパルパやる横でチャンミンは泥酔パルパ…
いや、もはやパルパ関係ないww
『うぉえぇ~~っっ!おぇぇ~っっ!』

最終日のセクシーverパルパ
ユノの突き上げが凄くて、何人妊娠したことかww
他の日は腹チラ見せもあったみたいですo(^_^)o

大阪のドーム4公演はかなりキツイようでチャンミンはバテバテでした。
sweatの曲中、ユノと重なったときに転けて暫く立ち上がれなくて…
立ち上がっても膝に手をついて動けない時間が長かった。

チャンミンはこの公演中、明らかに体力が落ちているときがあった。
でも、スポットがあたると優しい笑顔で歌い続けてきた。

ユノはツアー始めは脚を怪我していたんですよね。
松葉杖で来日したときは本当にツアーなんかできるのか?と心配しました。
身体もだいぶ大きくなっちゃって。
このツアー中に脚は回復し、ダイエットでかなりシャープになり。
後半は精神的に辛いときがあったように感じました。
広島で頭真っ白になったりね。

自分達が辛くても私達をいつも楽しませてくれる2人、本当にありがとう。

チャンミン
『今日は歌いながらみなさん一人一人の顔を見てたら、笑顔で元気をもらえてるのかな、って。
元気を与えられるアーティストになれて幸せです。』

ユノは最後に感謝の気持ちを言っていました。

ユノ『さっき、STLで泣きそうになっちゃった。最後の曲はそういう感じじゃないからね。
どうして東方神起はこんなに愛されているんだろう。
外国人で日本語もそんなにうまくないし。』

ユノ『言ったことないんだけど…朝から頑張ってくれて、東方神起を支えてくれてるスタッフは僕の誇り。
そして皆さんは東方神起の宝物です。本当にありがとうございました。』

このラスト公演で私が涙をこらえられなくなったシーン。
アンコールでの『東方神起』コール、京セラのような大きな会場なのにぴったりあったコール。
そしてフクチョウさんはじめ、バンドメンバー全員と照明さん、
その他のスタッフが赤いライトを振ってアンコールを盛り上げる姿。
京セラにいる全ての人の東方神起への愛を感じて感動しました。

ダブルアンコールでは2人の言葉はなく、ステージの隅から隅へ走り手を振って頭を深く下げていた。
2人の気持ちは充分伝わりました。

29公演お疲れ様でした。
ありがとう。
また、いつか。

脱力感半端ないです。



今回のMA-1 ダボッと着るのはNGですね。
小さくまとめるとカワイイww
ってことでSサイズを購入しました。
やっぱ、一番人気だったみたいですね。
スポンサーサイト

Comment - 0

Latest Posts - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。